第二世代の湿布・非ステロイド性抗炎症剤とは?ランニングによる筋肉の張りや腰痛に効果大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちはmiwaです。

サブ4やサブ3.5を目標にしているランナーの方にとっては、日々のトレーニングによって、筋肉の張りや腰痛などの身体の痛みと上手に付き合っていかなくてはなりません。年齢を重ねるにつれて、その問題は深刻になっていくでしょう。

そこで、ここでは、どこの薬局でも市販されている第二世代の湿布・非ステロイド性抗炎症剤の成分や特徴、実際に試してみた感想をご紹介していきます。


第二世代の湿布・非ステロイド性抗炎症剤とは?ランニングによる筋肉の張りや腰痛に効果大!


湿布とは?

湿布とは、大きく分けると、「温湿布」「冷湿布」に分けられます。主に筋肉の張りを和らげる他、打撲や捻挫などにも効き目があります。

素材面から見ると、「ハップ剤」「テープ剤」に分けられます。ハップ剤は白くて水分の厚みがあり、古くから使用されている湿布です。

それに比べて、テープ剤は茶色で伸縮性のある薄い素材なので、洋服の下に使用しても違和感なく使用でき、剥がれにくいので運動時にも使用できます。


第二世代の湿布とは?

フェイタス®は有効成分が痛みのもとに直接届く
鎮痛効果のメカニズム

テープ剤を使用した「第二世代の湿布」とは、ロキソプロフェン・ジクロフェナク・インドメタシン・フェルビナクなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を配合したもので、強力な消炎鎮痛剤として使用されています。

成分も大切ですが、100gあたりの分量によっても効果が違ってきますので、成分に合わせて分量も確認してください。

効き目が強力な分、副作用もありますので、下記に注意してくだい。

  1. 次の人は使用しないでください。
    ・15歳未満の小児
    ・本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
    ・本剤または他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、外用鎮痛炎症薬を使用してぜんそくを起こしたことがある人
  2. 次の部位には使用しないでください。
    ・目の周囲・粘膜等・しっしん・かぶれ・傷口・みずむし・たむし等または化膿している患部
  3. 本剤を使用している間は、他の外用鎮痛消炎薬を使用しないでください。
  4. 連続して2週間以上使用しないでください。


湿布の種類

温湿布

温湿布は、患部を温めることによって血管を広げ、血行をよくする効果があります。主に慢性的な腰痛・肩こりなどのもっともつらい痛みには温湿布が効果的です。しかし、刺激が強いので、肌の弱い人や、薬などによりアレルギー症状が出たことがある人はさけた方が良いでしょう。

冷湿布

冷湿布は、患部を冷やすことにより腫れを抑える効果があります。主に打撲や捻挫などの外傷に効果があり、急速に冷やしたい場合は、ハップ剤(白く厚い湿布)が良く効きます。ハップ剤は、水分が蒸発することによって、患部の熱を下げる効果があります。


第二世代の湿布・非ステロイド性抗炎症剤の種類

第二世代の湿布(大判)
  1. ロキソニンSテープL(第一三共ヘルスケア)
  2. フェイタスジクサスα(久光製薬)
  3. バンテリンコーワパットEX(興和)
  4. フェルビナクプラスターS(帝國製薬)

今回は、この代表的な4つを取り上げます。


⒈ ロキソニンSテープL(第一三共ヘルスケア)

成分             分量(膏体100g中)
ロキソプロフェンナトリウム水和物 5.67g
膏体量 2g
内容量
サイズ 10㎝×17㎝
枚数 7枚
価格
1袋 1,783円
1枚あたり 248円

痛み止めとしても有名な「ロキソニン」は第一三共ヘルスケアの商品名です。その成分である、プロピオン酸系の非ステロイド性抗炎症薬であるロキソプロフェンナトリウム水和物が100gあたり5.67gも含まれているので、効き目は強力です。

ロキソニンは、この4種類の中で唯一「第1類医薬品」に指定されている消炎鎮痛剤です。医師または薬剤師の処方箋が必要な医薬品になります。インターネットでも診断書にチェックすれば購入できるサイトもあります。

使用してみた印象は、特に痛みの緩和に速攻性があると感じました。臭いも少なく普段使用しても、問題ないレベルです。外科でも処方される医薬品なので、とても信頼性があります。


⒉ フェイタスジクサスα(久光製薬)

成分             分量(膏体100g中)
ジクロフェナクナトリウム 2%
ℓ–メントール 3.5g
内容量
サイズ 10㎝×17㎝
枚数 7枚
価格
1袋 1,815円
1枚あたり 259円

フェイタスジクサスαは、ジクロフェナクナトリウムというフェニル酢酸系の非ステロイド性抗炎症薬が2%含まれています。ジクロフェナクナトリウムは、効果が長い特徴があり、1日1回24時間まで効き目が持続します。

ℓ–メントールが3.5g含まれますので、ハッカやミントなどの「すぅー」した清涼感がして、痛みを和らげます。

使用した感覚は、ロキソニンと比べても大差がないと感じました。少し、メントールの臭いがキツイくらいですね。コストはロキソニンより高いです。


⒊ バンテリンコーワパットEX(興和)

成分             分量(膏体100g中)
インドメタシン 1.0g
アルニカチンキ 1mL
ℓ–メントール 1.2g
内容量
サイズ 10㎝×17㎝
枚数 7枚
価格
1袋 1,783円
1枚あたり 248円

バンテリンコーワパットEXは、インドメタシンという非ステロイド性抗炎症薬が1g含まれています。アルニカチンキという成分は、腫れや炎症をやわらげる効果があります。

ℓ–メントールが1.2gで、フェイタスジクサスαに比べると3分の1ですが、清涼感は結構あります。

使用した感覚は、即効性というよりは、痛みにジワジワ効いてくる感じがします。コストはロキソニンと全く同じです。


⒋ フェルビナクプラスターS(帝國製薬)

成分             分量(膏体100g中)
フェルビナク 5g
トコフェロール酢酸エステル 2.3g
ℓ–メントール 3.0g
内容量
サイズ 10㎝×17㎝
枚数 12枚
価格
1袋 987円
1枚あたり 82円

フェルビナクプラスターSは、フェニル酢酸系の非ステロイド性抗炎症薬が5g含まれ、トコフェロール酢酸エステルという末梢の血行をよくする成分が含まれます。ℓ–メントールが3.0g含まれるので、清涼感も強いです。

しかし、他と比べると、一枚あたりのテープ剤が薄いので、効き目も薄い感じがします。コストも約3分の1なので、弱い痛みの箇所には適度に効いて、使い勝手がいいでしょう。

※類似商品です。


第二世代の湿布・非ステロイド性抗炎症剤とは?ランニングによる筋肉の張りや腰痛に効果大! まとめ


ここまで、どこの薬局でも市販されている第二世代の湿布・非ステロイド性抗炎症剤の成分や特徴、実際に試してみた感想をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ロキソニンに代表される非ステロイド性抗炎症薬は、第1類医薬品として処方箋が必要なほど、副作用が確認されている医薬品ですので、注意して使用してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。