養老山脈トレイルランニングレース2019のコースやアクセスは?参加賞Tシャツはこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
養老山脈トレイルランニングレース2019のコースやアクセスは?参加賞Tシャツはこれ!

こんにちは、miwaです。

養老山脈トレイルランニングレースは、北信濃トレイルフリークスが企画・運営する大会で、スタート地点の多度大社からフィニッシュ地点の養老公園まで、三重県桑名市、いなべ市、岐阜県海津市、養老町の2県4市町に渡るトレイルジャーニーとなっています。

ここでは、そんな養老山脈トレイルランニングレースの大会概要やコース紹介、
標高差、エントリー方法、会場アクセス、参加賞Tシャツなどについてご説明していきます。

⇨大会レビューはこちらから


養老山脈トレイルランニングレース2019のコースやアクセスは?参加賞Tシャツはこれ!

undefined
公式ホームページ


養老山脈トレイルランニングレース2019大会概要

名称

第2回養老山脈トレイルランニングレース

企画・運営

北信濃トレイルフリークス(KTF)
種目
  • ロング(41㎞)
  • ショート(12㎞)
  • キッズ小学生(約1km/小学1・2年生、約2km/小学3・4年生、5・6年生)
開催日時

2019年12月14日(土)

定員
  • ロング(41㎞):600名
  • ショート(12㎞):300名
  • キッズ小学生:200名
制限時間
  • ロング(41㎞):7時間30分
  • ショート(12㎞):3時間30分
  • キッズ小学生:なし

制限時間は号砲を基準とする

参加料
  • ロング(41㎞):9,200円
  • ショート(12㎞):5,000円
  • キッズ小学生:1,500円

別途システム利用料がかかります。


養老山脈トレイルランニングレース2019コース紹介

コース

コース図

標高差

標高図


養老山脈トレイルランニングレース2019エントリーについて

 

エントリー期間

インターネットエントリー
『RUNNET』

2019年7月7日(日)~
2020年11月18日(月)



養老山脈トレイルランニングレース2019参加者案内送付日は?

ナンバーカード通知・参加者案内

2019年12月初旬
大会1週間前まで


養老山脈トレイルランニングレース2019会場アクセスは?

受付時間

  • ロング受付  2019年12月14日(土)5時30分〜6時45分
  • ショート受付 2019年12月14日(土)11時00分〜12時00分


受付会場

場所:養老公園(岐阜県養老郡養老町高林1298-2)

スタート場所は多度大社です。養老鉄道に乗って多度駅を下車してから1㎞ありますので、早めに行きましょう。電車代はゼッケンを見せれば無料です。


養老山脈トレイルランニングレース2019スケジュールは?

 

5:30〜6:45

ロング41㎞受付

6:24
6:39
7:08

養老鉄道
養老駅 出発時刻
※7:08に乗り遅れるとレースブリーティングに
間に合いません

7:50

ロング41㎞
レースブリーティング(多度大社)

8:30

 ロング41㎞スタート

8:30〜9:30

キッズ小学生受付

10:00

キッズ小学生スタート

11:00〜12:00

 ショート12㎞受付

12:00

ショート12㎞レースブリーティング

 12:30

 ショート12㎞スタート


養老山脈トレイルランニングレース2019参加賞Tシャツはこれ!

参加賞Tシャツ


養老山脈トレイルランニングレース2019のコースやアクセスは?参加賞Tシャツはこれ! まとめ

undefined
大会ホームページ


これまで、養老山脈トレイルランニングレースの大会概要やコース紹介、
標高差、エントリー方法、会場アクセス、参加賞Tシャツなどについてご説明してきましたが
いかがでしたでしょうか?

このコースは、スタートして10㎞は上りで、そこから15㎞林道を下るコースとなっていて、前半に飛ばしてしまうと足がもちません。エイドがある庭田山頂公園25㎞地点から養老山頂859メートルのアタックがトレイルの本番となりますので、前半は抑えめに行きましょう。

養老山頂を越え、フィニッシュ地点の養老公園まで約7㎞に及ぶ急な下り坂を一気に走り抜けるところが醍醐味です。ラスト7㎞までは我慢です。

ゴール地点に向かうにつれ、一般の方や走り終わったランナーさんの声援を浴びながらゴールする達成感はパンパじゃありませんので、ぜひオススメの大会です。


まだ間に合う!宿泊施設はこちらから

マラソン大会当日に走ることに集中できるように、
宿泊施設は事前予約していくことをおすすめします。

⇨宿泊予約はこちらから


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。