ナイキの厚底シューズが支持される理由とは?実際履いてみてわかったこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ナイキの厚底シューズが支持される理由とは?実際履いてみてわかったこと!

こんにちは、miwaです。

ここ数年、トップランナーから市民ランナーに至るまで、幅広い層に支持されているナイキの厚底シューズですが、実際に履いてみて、なぜナイキの厚底シューズが支持されるのかという理由についてご紹介していきます。


ナイキの厚底シューズが支持される理由とは?実際履いてみてわかったこと!

NIKE公式


ナイキの厚底シューズが支持される理由とは?

多くのレースで実績をあげている

NIKE公式

まずはじめに、ナイキの厚底シューズが支持される理由は、多くのトップランナーが履き、レースで結果を出しているからでしょう。

代表的なレース結果

  • 2018年2月 東京マラソン 設楽悠太選手(日本新)
  • 2018年10月 シカゴマラソン 大迫傑選手(日本新)
  • 2019年1月 第95回箱根駅伝 東海大学(初優勝)

このように、設楽選手の16年ぶりの日本新記録や、それに続き大迫選手の日本人初の2時間5分台での日本新更新、昨年の箱根駅伝で5連覇がかかった青山学院を破り、初優勝をした東海大学の選手の多くが「NIKE ヴェイパーフライ」を履いていました。

なかでも昨年の箱根駅伝で、青山学院の選手が全員「アディダス」のシューズを履くなか、総合優勝の東海大学をはじめ、往路優勝の東洋大学やその他の選手の多くがナイキの厚底シューズを履いていたのが、とても印象的でした。
(出場選手230人中95人がナイキを使用)


トップランナーも市販品を履いている

NIKE公式

さらに、その設楽選手や大迫選手の足型が上の画像にあるのですが、足幅が全く異なっているのにも関わらず、二人とも市販のヴェイパーフライを履いているのです。そのため、誰の足型にもフィットするヴァイパーフライが、市民ランナーに急速に広まっていったのではないでしょうか。


私の歴代シューズ

1代目 プーマ ランニングシューズ

私の場合は、まず2年前の金沢マラソンで初マラソンでサブ4を達成したときは、プーマのなんでもないランニングシューズを履いていました。


2代目 NIKE ペガサス34

この投稿をInstagramで見る

はじめてのナイキシューズをゲットしました👟👟ペガサス34🤣 これ凄いです‼️反発力がハンパなく、膝の痛みが全くなくなりました😄走るのが楽しくなるシューズです🏃‍♂️ そして先日nobodyknowsの安くんのお店に連れてってもらいました🍺音楽活動のかたわら居酒屋もやってて、めちゃ美味いです😋とても気さくな人でした‼️ハブ酒いただきました🥃 #igランナーズ #running #instarun #instarunner #instarunners #instarunning #instagood #instagram #instagramer #nrc #nikerunclub #nikeplus #ハシリマスタグラム #ランニング #マラソン #サブ4 #サブ100 #ガーミン235j #garmin #犬山ハーフマラソン #名古屋シティマラソン #nobodyknows #安くん #thefiveways #ペガサス34 #ナイキズーム

naoki0302_run(@naoki0302_run)がシェアした投稿 –

そして、レース後に膝の痛みに悩まされ、膝への負担が軽減されるという厚底シューズの「ペガサス34」というナイキのランニングシューズを履いたところ、膝の痛みが全くなくなりました。


3代目 NIKE ズームフライ SP ファスト

この投稿をInstagramで見る

結局、悩んだ挙句にズームフライ SP ファストにしました! こんなモデルがあるなんて知らなかったので、めずらしくて決めました! アッパーが半透明の合成素材なのと足首のところが薄いので、フィット感が心配でしたが、紐をしっかり締めれば問題なしです👍 このモデルについて知ってる人いたら教えて下さい🙆‍♂️ #igランナーズ #running #instarun #instarunner #instarunning #instagood #instagram #instagramer #workoutsnap #ハシリマスタグラム #ランニング #マラソン #サブ4 #サブ100 #garmin #ズームフライspファスト #市民ランナー #名古屋ランナー #目指せサブ3.5 #30キロ過ぎで一番速く走るマラソン

naoki0302_run(@naoki0302_run)がシェアした投稿 –

現在は、念願のカーボンファイバー製プレートが内臓されている「ズームフライ SP ファスト」というスピード重視のシューズを履いています。


実際に履いてみてわかったこと!

この投稿をInstagramで見る

ひとりハーフしてきました🏃‍♂️🏃‍♂️ おニューのシューズでモチベーションぶち上げでございます👍 ナゴヤアドベンチャーマラソンの時のコースを思い出し、庄内川沿いを独走☺️ すごい走りやすいハーフコースを見つけちゃいましたとさ😆 #igランナーズ #running #instarun #instarunner #instarunning #instagood #instagram #instagramer #workoutsnap #ハシリマスタグラム #ランニング #マラソン #サブ4 #サブ100 #garmin #ズームフライspファスト #市民ランナー #名古屋ランナー #目指せサブ3.5 #30キロ過ぎで一番速く走るマラソン

naoki0302_run(@naoki0302_run)がシェアした投稿 –


ズームフライ系の厚底シューズを履いて一番感じたことは、ランニングフォームを自然と変えることができ、スピードが格段に速くなったことです。

ズームフライ系の前傾なソールのおかげで、自然と身体も前傾になり、いままでの「ヒールストライク走法」から、「フォアフット走法」「ミッド着地走法」へと自然にランニングフォームが変化し、状況に合わせて走り方を変えることができるようになりました。

いわば、「フォーム矯正シューズ」と言っても過言ではないシューズといえるでしょう。このシューズのおかげで、先日のハーフマラソン大会ではPB(自己新記録)を7分も上回るタイムで走ることができました。


ナイキの厚底シューズが支持される理由とは?実際履いてみてわかったこと! まとめ

NIKE公式


ここまで、実際に履いてみて、なぜナイキの厚底シューズが支持されるのかという理由についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

従来の日本の陸上競技を引っ張ってきた「アシックス」や「ミズノ」と言った国内メーカーの薄底シューズが主流だったマラソンシューズも、「NIKE」の厚底シューズの登場によって、革命的な変化が起こっています。

マラソン初心者の方には、いきなり使いこなすことが難しいシューズではありますが、「サブ4」以上を目標にしているランナーの方には、必ず押さえておきたいおすすめのアイテムです。

最後に、店頭で試し履きをすだけでも違いがわかるランニングシューズとなっていますので、ぜひ試していただければと思います。

⇨【サブ4向け】ナイキのランニングシューズの選び方!おすすめ厚底シューズ6選


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。