初めてのフルマラソンで【サブ4達成】できた金沢マラソンを振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
初めてのフルマラソンでサブ4達成できた金沢マラソンを振り返る

こんにちは、miwaです。

ここでは、市民ランナーの一つの目標であるサブ4を初めてのフルマラソンで達成できた筆者の体験をご紹介していきます。

これから、サブ4達成を目標にしている人は、参考にしていただければと思います。


初めてのフルマラソンで【サブ4達成】できた金沢マラソンを振り返る


まずはじめに、なぜ金沢マラソンかというと、
私の地元愛知県では男子がフルマラソンを走れる大会がないのです。

有名な名古屋ウィメンズマラソンは女子のみの大会で、
同時に開催される名古屋シティマラソンはハーフしかありません。

そのため、名古屋から車で3時間30分かけて金沢マラソンに出走することにしました。


大会前日

金沢マラソンは、当日のランナー受付がないので抽選当選後すぐに予約したホテルで前泊しました。
たしか、ホテル代は通常の二倍くらいの値段で一人6,000円くらいだったと思います。

嫁さんも応援に来てくれるというので、
家族サービスの旅行を兼ねての旅ランになりました。

前日は、朝10時くらいに名古屋を出て昼過ぎに到着。
約3時間30分くらいの道のりでした。
楽しみにしていた近江町市場で海鮮丼を味わい、
そのほかにも日本海の牡蠣やうにを堪能しました。

そして、フィニッシュ地点である西部緑地公園陸上競技場を確認し、
ホテルへチャックイン。
ランナー受付場所の音楽堂交流ホールのある金沢駅まで徒歩10分の好立地で、
便利なホテルでした。

ディナーは、ホテルの近くのラーメン屋さんをチョイス。
何気なく入ったラーメン屋さんでしたが、
魚介出汁が効いていてベスト3に入るくらい美味しいラーメンでした。

金沢の名物「のどぐろ」を食べ忘れたことが一番の後悔です。


大会当日

そして、大会当日です。朝ご飯をホテルのビュッフェにて炭水化物を中心にお腹を満たすことができました。
ホテルのビュッフェってとても優越感に満たされますよね?すごい好きです。

スタート場所の広坂通りまで徒歩で15分くらいでした。
途中で雨が降ってきたのでコンビニで折りたたみ傘を購入し、スタートブロック
手前で嫁さんとお別れし、着替えて荷物を預けてスタートブロックに移動しました。

スタートブロックについてからが長かったです。
号砲が鳴ってスタートをきるまでに10分かかりましたし、トータル30分くらいあって、その間にトイレに行きたくなりましたが我慢してしまいました。

この時行っておけばよかったと後悔。レース中に行く羽目になりました。


レース内容

00〜05キロ…28分31秒(1キロ5分42秒ペース)

スタートしてすぐに兼六園を抜け、近江町市場金沢駅を通る市街地ゾーンは、高低差もなく応援の方が多いので、調子に乗ってどんどんランナーさんを追い抜いてサブ4の標準ペースである1キロ5分40秒ペースで走ってしまいました。

05〜10キロ…27分18秒(1キロ5分28秒ペース)

山側幹線ゾーンへ向かうこの5キロもペースがあがり、5キロまでのペースより早く1キロ5分30秒ペースを切っています。しかもこの区間は、20メートルくらいの上りなのにペースをあげてしまいました。

10〜15キロ…27分11秒(1キロ5分26秒ペース)

またまた上がってますね。とりあえず「ハーフまでペースを保とう」と走っていました。

15〜20キロ…26分11秒(1キロ5分14秒ペース)

この区間は、旧街道街並みゾーンで道が狭く、快走感が出ており尚且つ高低差10メートルの下坂になっているので、ペースが上がってしまっています。

20〜25キロ…26分08秒(1キロ5分14秒ペース)

そして、ハーフの折り返し地点で最速の5キロ26分08秒がでました。マラソン未経験者が陥る『先行型』の走りに突っ走ってます。

25〜30キロ…27分13秒(1キロ5分26秒ペース)

ここのだだっ広い田園ゾーンで少しペースが落ちます。ここからは初マラソンでハーフを超えて未知の領域だったので、この先が不安になっています。

30〜35キロ…31分07秒(1キロ6分13秒ペース)

ここで前半で溜まった疲労がひびき、ガクッとペースが落ちてしまいます。本来ならこのあたりでアミノ酸でエネルギーを補充したいところですが、そんな知識はありません。
しかし救世主が!!沿道のお兄さんがアミノバイタルを渡してくれたのです。後から考えたらこれがなければ絶対歩いていました。

35〜40キロ…31分19秒(1キロ6分16秒ペース)

そして、このマラソン一番の遅いペースがここで出てしまいます。ずっとフラットのコースでしたが、北陸自動車道を横切る交差点がとてもきつかったのを覚えています。雨も激しくなり、体温も低くなっていました。

40〜42.195キロ…12分51秒/5分換算29分18秒(1キロ5分52秒ペース)

もうサブ4は無理かとあきらめかけたその時、時間を見るとまだ何とかなるタイム!「もう少し頑張ればサブ4行ける」と確信し、最後は気力で走りました。

結果 ネットタイム…3時間57分50秒

ギリギリサブ4達成することができました。めちゃくちゃしんどかった分、達成感が半端なかったです。この瞬間の為に42.195キロを走っているのですから。

総合順位も2,638位/10,709人中ということで、上位25%に入ることができました。

やはりサブ4は上位25%の人しか達成できないのは確かな数字みたいです。


初めてのフルマラソンで【サブ4達成】できた金沢マラソンを振り返る まとめ

ここまで、市民ランナーの一つの目標であるサブ4を初めてのフルマラソンで達成できた筆者の体験をご紹介してきました。

やはり、初マラソンということで『先行型』の走りになってしまったことが反省ポイントですね。このペースを前半と後半をそっくり入れ替え『後半型』にしたら、もっと楽にサブ4を達成できていたのではないかと思います。

金沢マラソンのコースは、前半は高低差はありますが、後半はほぼフラットなコースとなっていますので、タイムを狙う上ではとても走りやすいコースと言えるでしょう。

また、日本陸上競技連盟、国際陸上競技連盟及びAIMS公認コースですので公式記録として記録を残すことができます。

金沢という街を楽しむことができる大会ですので、一度は出場してみてはいかがでしょうか?

⇨金沢マラソン2019の倍率は?コースやランナー受付は?無料シャトルバスあります!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。