愛知県からアクセスが良い!人気のおすすめマラソン大会5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちはmiwaです。

近年、健康思考が高まり、ランニングがブームになっています。

ある程度タイムを気にして走れるようになると、次のステップとしてはマラソン大会に挑戦することではないでしょうか。

そこで、ここでは愛知県に住んでいる私が実際に走ったことがある、愛知県からアクセスが良い!人気のおすすめマラソン大会5選をご紹介していきます。

愛知県からアクセスが良い!人気のおすすめマラソン大会5選

*
京都マラソン

マラソン大会へ参加するメリット

まずはじめに、マラソン大会に参加することのメリットをご紹介します。

  • 目標ができて、モチベーションがあがる
  • 自己ベストを更新することで成長が実感できる
  • 街の魅力が堪能できる

などなど、それぞれ多くのメリットがあります。

目標ができて、モチベーションがあがる

私がそうなんですが、ランニングしなきゃいけないと思っても、時間がなかったり、天候のせいにして、走らない理由を探してしまいます。

そんな、怠けグセが自分でもわかっているので、私はとりあえずマラソン大会にエントリーします。

そして、そのために調整していき、練習しないといけない環境に追い込んで、走るモチベーションを維持しています。

自己ベストを更新することで成長が実感できる

せっかくお金をかけて参加するなら、ベストを尽くさないともったいないですよね?これも私の性格なんですが、出るからにはベストを尽くしたいんです。

そして、自己ベストを更新することで、年齢の衰えを補える気がします。

タイムを縮めるためには、気持ちやレースの技術もあるでしょうが、肉体的な成長が大きいと思います。なので、自己ベストを更新するということは、筋力や運動神経が年齢の衰え以上に成長していると言えるでしょう。

街の魅力が堪能できる

マラソン大会の魅力は、その街の市街地を思う存分走れるということです。普段のランニングでは、信号や交通規制に注意しながら走らなければいけないので、走ることに集中できません。

しかし、マラソン大会では、スタッフの方やボランティアの方、地元の警察の方々によって交通整備が行われ、最低でも5キロおきに給水所が設置されているので、走ることに集中でき街の景色を堪能できます。

市街地の道路を何時間も通行止めにすることは、マラソン大会か天皇陛下が来られる時くらいでしょう。そう考えると、市街地を走れるありがたさを感じることができます。

愛知県からアクセスが良い!人気のおすすめマラソン大会5選

それでは、愛知県に住む私が実際に走ったことがある、人気のおすすめマラソン大会5選を紹介していきます。

京都マラソン

京都マラソン2020 コースマップ 2月16日(日)開催
公式ホームページ
  • 日時:2020年2月16日(日)
  • エントリー期間:2019年7月19日時~9月2日17時
  • マラソン参加人数:16,000人
  • 制限時間:6時間
  • 参加料:15,000円
  • 受付:前日受付

京都マラソンの魅力は、古都京都を走るということです。コースは、京都パープルサンガの本拠地、西京極スタジアムをスタートし、天龍寺、任和寺、龍安寺、金閣寺、上賀茂神社、下鴨神社、銀閣寺の七つの世界文化遺産があります。

また、送り火で有名な五山を眺望でき、鴨川沿いや京都御苑の豊かな自然、山紫水明の都、京都の自然を楽しみながら走れます。

さらに、コース沿いに10もの大学があり、たくさんの学生ランナー、ボランティア、沿道盛り上げ隊として、大会を盛り上げていて、学生のパワーを感じます。

そして、ゴールに近ずくにつれて市街地の方へ、たくさんの方が沿道から応援してくれて、テンションが上がり、最後は平安神宮をバックにフィニッシュです。

前日までの受付ですので、前泊する必要があるので、宿は早めに取りましょう。
前日から京都の美味しいものを食べて、旅行がてら楽しんでください。

※人気の大会ですので、倍率が高く、当選は抽選になりますので、早めにエントリーし、当選することを祈りましょう。


金沢マラソン

公式ホームページ
  • 日時:10月27日(日)
  • エントリー期間:2019年4月6日10時〜5月15日17時
  • マラソン参加人数:13,000人
  • 制限時間:7時間
  • 参加料:10,000円
  • 受付:前日受付

キャッチフレーズの「金沢をまるごと走る」の通り、金沢を堪能できます。

はじめに、広坂通りをスタートし、金沢城公園、兼六園を両側に走り、金沢駅、近江町市場などの市街地ゾーンをぐるっと周り、市街地を楽しみます。市街地だけあって沿道の応援の方がとても多いです。

そして、山側幹線ゾーンへと入り、とても広い幹線道路を走り、途中でトンネルもあり、自然を楽しむことができます。それから、橋を超え旧街道まちなみゾーンで小道を走り抜けると、ひがし茶屋街がある歴史景観ゾーンで景観を楽しめます。

その後、白山連峰を望む田園ゾーンで、農家の人たちの応援に癒されながら、そこを超えると、石川県庁がある西新都心ゾーンで、金沢名物「金沢カレー」をエイドで堪能し、西部緑地公園陸上競技場でゴールです。

金沢マラソンも前日までの受付なので、前泊して海の美味しい幸を楽しみましょう。

※エントリーの抽選は、京都マラソンに比べると高くありませんが、年が経つにつれて取りにくくなっているので、早めにエントリーしてください。


信州駒ヶ根ハーフマラソン

公式ホームページ
  • 日時:9月29日(日)
  • エントリー期間:2019年5月20日0時〜6月17日
  • マラソン参加人数:4,000人(3キロ、5キロ含む)
  • 制限時間:3時間10分
  • 参加料:5,000円
  • 受付:郵送にて受付完了

駒ヶ根ハーフマラソンは、規模は大きくありませんが、町ぐるみで盛り上げているすばらしい大会です。ふたつのアルプスに囲まれた雄大な自然の中で走ることが醍醐味ですが、その分起伏が激しく、最大高低差120メートルもある過酷なコースになっています。

めずらしく、コース途中に「アップダウンヒルトライアル区間」が設けられ、約2キロに及ぶ「上がり・下り」の激しい区間のタイムトライアルで、特別な表彰があります。そんな、山の神レベルでないと攻略できないコースになっています。

夏が終わり、マラソンシーズンのスタートを切る大会と位置付けている人も多くいらっしゃる大会なので、ぜひご参加してほしいです。

なお、郵送にて受付が完了しますので、日帰りで参加でき。倍率も高くないので、エントリーすればだいたい走ることができるので、お気軽にエントリーしてください。

⇩合わせて読みたい記事

信州駒ヶ根ハーフマラソンの攻略法とは?大会PB更新しました!


読売犬山ハーフマラソン

ハーフコース
公式ホームページ
  • 日時:2月23日(日)
  • エントリー期間:2019年10月1日〜12月20日
  • マラソン参加人数:10,000人(10キロ含む)
  • 制限時間:2時間30分(10キロは1時間5分)
  • 参加料:5,500円
  • 受付:郵送にて受付完了

読売犬山ハーフマラソンの特徴は、高低差が少ないフラットなコースになっているため、好記録が狙いやすいということです。また、それぞれの予想タイムによって、「豪傑」「猛者」「つわもの」「初陣」とスタート時間が明確に別れているので、記録を狙おうとする人にとっては、とても走りやすいです。

私も、ハーフマラソンのプライベートベスト(PB)は、この大会で記録しました。アクセスも名古屋駅から名鉄直通で30分と負担が少ないのも嬉しいですね。

しかし、注意が必要なのは制限時間です。記録重視の大会なので制限時間がものすごく早いです。なので、練習である程度タイムに自信が出てきてから出ましょう。そうしないと途中でバスに乗せられ、強制連行の恥ずかし目を受けます。


名古屋シティマラソン ハーフ

公式ホームページ
  • 日時:3月8日(日)
  • エントリー期間:2019年10月9日20時〜10月15日11時59分
  • マラソン参加人数:17,600人(クォーター、チャレンジラン含む)
  • 制限時間:3時間(クォーターは1時間40分)
  • 参加料:8,850円
  • 受付:前日受付

名古屋シティマラソンとは、「ギネス記録」にもなり、女性のみのマラソン大会では最大の名古屋ウィメンズマラソンのおまけみたいなマラソン大会です。

年々参加料が上がっており、2014年の5年前は5,000円だったのが、2020年では8,850円とハーフマラソンにしては、高額になっています。

■ 参加料について人件費の高騰による警備費を中心とする安全対策費の増加への対応から、参加料を改定しました。皆さまのご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

公式ホームページ

とは言いつつ、スタート地点のナゴヤドームへのアクセスもいいですし、記念Tシャツもおしゃれなので、地元名古屋の大会には毎年出たいですよね。


愛知県からアクセスが良い!人気のおすすめマラソン大会5選 まとめ

*
京都マラソン

これまで、愛知県からアクセスが良い!人気のおすすめマラソン大会5選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

近年ブームになっているマラソン大会ですが、参加することのメリットはとても多く、ぜひみなさんに参加してもらって、マラソン大会の良さはもちろん、その街の魅力を存分に味わってもらえたら、嬉しいです。

ここでは、本当におすすめしたいので、私が参加したことがあるマラソン大会に限定しましたが、今後参加したいマラソン大会としては、

  • 奈良マラソン
  • 神戸マラソン
  • びわ湖毎日マラソン
  • いびがわマラソン
  • 岐阜清流ハーフマラソン
  • 松本マラソン

など、まだまだエントリーしていくので、乞うご期待ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。